野菜嫌いな子供でも美味しく飲める青汁は何?

野菜嫌いな子供でも美味しく飲める青汁は何?

こどもバナナ青汁とこどもフルーツ青汁の違い比較と選び方

こどもバナナ青汁とこどもフルーツ青汁の違い比較と選び方

子供から大人気の青汁というと、真っ先に思い浮かべるのが「こどもバナナ青汁」と「こどもフルーツ青汁」です。

この2つの青汁は、共通している点もたくさんあるので、今日は2つの商品を比較して選び方のコツなどをご紹介していきましょう。

まず、こどもバナナ青汁とこどもフルーツ青汁の大きな共通点は、野菜だけではなく果物も配合されており、味がとても美味しいという点です。
どちらの商品も人工甘味料は使用しておらず、甘味は黒砂糖を採用しています。

そのため、まろやかで優しい甘さが引き立つ商品となっており、嫌な後味もありません。

こどもバナナ青汁には配合されているのは、

大麦若葉・バナナ果汁末・黒糖・スピルリナ・りんご・グレープフルーツ・パイナップル・マスカット・ピーチ・ケール・ブロッコリー・かぼちゃ・ちんげん菜・パセリ・人参・セロリ・ゴーヤ・ほうれん草・桑の葉・モロヘイヤ・よもぎ・トマト

このように6種類のフルーツと13種類の野菜です。
また、スピルリナは、ミラクルフードとも言われている驚異の栄養素を誇る食材のため、他社の青汁商品よりも栄養価が高いという特徴があります。

味はバナナテイストで子供が喜ぶ感じです。
こどもバナナ青汁の口コミ評価!人気なのはなぜ?
次にこどもフルーツ青汁の全成分ですが、

大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)

このようになっており、3種類のフルーツと14種類の野菜が配合されています。

また、カルシウムもプラスされているので成長期のお子さんにぴったりの青汁です。
味はフルーツテイストで、ほのかな甘味が際立ちます。
こどもフルーツ青汁の口コミ評価と効果
どちらの商品も豊富な野菜とフルーツが配合されているので、実際に飲んでみて気に入った方を続けるのが個人的にはオススメです。
先にどちらを購入しようか迷ったら、返金保証があるこどもバナナ青汁から始めてみて下さいね。

こどもフルーツ青汁公式サイト↓


*共通案内*
こどもバナナ青汁は、国産大麦若葉をメインの美味しい青汁!
無添加で安心安全で栄養たっぷり
公式サイト↓
こどもバナナ青汁

子供だけでなく大人も安心して飲める!
野菜13種類、フルーツ6種類をたっぷり凝縮
50種類以上の栄養素のスーパーフードのスピルリナも配合。
更に黒糖で自然な甘さと乳酸菌とビフィズス菌で腸内改善
便秘改善!免疫アップで健康的な成長に最適な青汁!
野菜嫌いな子供でも美味しく飲める!と口コミでも人気
口コミ→こどもバナナ青汁の口コミ評価!人気なのはなぜ?

 

タグ :  

こどもバナナ青汁 こどもフルーツ青汁

この記事に関連する記事一覧